FM SOLUTION


導入して成功する実践FM!

BIM連携が可能なFM管理ソフトとして日本で初めて発売された「ArchiFM」が、クラウド型FMソリューション「archifm.net」として進化し、ついにリリースされました。
欧米では数多くの実績を持ち、ユーザーインターフェイスに優れ、既存の社内システムとも連携が可能で、柔軟なカスタム開発に対応できる「ArchiFM」の進化版は、クラウド型FMソリューションとして日本のFM市場の活性化を期待できるツールです。

ArchiFMの特長

クラウド対応のアプリケーション

archifm.netは、Webブラウザ上で起動するアプリケーションのため、ハードウェア、ソフトウェアの環境や管理上の負担がなく、ほんの数分でデータのアップロードをはじめ実質的なファシリティマネージメント業務を始めることができます。また、自社環境に導入することもできます。

他システムとのデータの連動性

様々な機能

資産管理

  • ArchiCADとの連動による正確な面積の把握とグラフィックでの確認
  • 購入価格や保証期間などのデータ入力
  • 所有者の割り当て
  • 管理場所をデータベ―スとグラフィックで確認

テナント管理

  • 入居者データの管理
  • 契約先や有効期限などのデータ管理

突発メンテナンス

  • 設備機器などの突発的なメンテナンスを履歴管理
  • 修繕依頼から作業調整、作業指示書作成、修繕の実施、完了報告を一括管理

定期メンテナンス

  • 法定点検や自主点検を管理
  • 点検周期を管理
  • 点検依頼から作業調整、作業指示書の作成、点検実施、完了報告を一括管理

ファイナンス

  • 経理情報を管理
  • 契約内容、有効期限や契約単価の設定、予算の設定

分析

  • データベースから情報を抽出して一覧表やグラフを作成

archifmモバイル

  • メンテナンス管理のモバイル版
  • モバイルから修繕依頼を作成、状況確認、変更、作業指示一覧の確認

動作環境

クライアントコンピュータ

  最小要件
Internet Explorer 7
推奨
Internet Explorer 9
OS Windows XP Professional SP3
Windows XP Professional x64 Edition
Windows 7
プロセッサ 1 GHz 2.0 GHz 以上(32/64 bit)
メモリ 512 MB 1 GB (32-bit), 2 GB (64-bit)
ハードディスク
容量
2 GB 16 GB以上(32-bit)、 20 GB以上(64-bit)
グラフィック
カード
  DirectX 9
解像度   1280x768ピクセル, または1280x1024ピクセル

Webサーバー

  最小要件 推奨
OS Windows Server 2003 IIS 6 Windows Server 2008 R2 IIS 7.5
プロセッサ 1 GHz 2.0 GHz 以上またはQuad core 以上
メモリ 512 MB 2 GB以上(32-bit) 、4 GB以上(64-bit)
ハードディスク
容量
2 GB 16 GB以上(32-bit)、 20 GB以上(64-bit)

データベースサーバー

  最小要件 推奨
OS Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Microsoft SQL Server 2008 R2
プロセッサ 1 GHz 2.0 GHz 以上
メモリ 512 MB 4 GB以上
ハードディスク
容量
600 MB 16 GB以上(32-bit)、 20 GB以上(64-bit)
Microsoft SQL Server 2008 R2 グラフィックツール   Super VGA以上(最小解像度800x600 ピクセル)

アプリケーション概要

  • ArchiCADとのデータ共有
    ArchiCADとarchifm.netは双方向にデータの互換性を持つため、効率的にデータベースを作成できるとともに、常に共通した最新情報をArchiCAD側、archifm.net側に持たせることが可能です。
  • 必要な値、属性などの情報を自由に追加
    必要に応じて設備機器、什器備品などの値や属性などを追加することができます。
  • 複数の建物を一つのデータベースで一括管理
    各地に分散している複数の建物を単一データベースで管理できるとともに、対象施設に関連する人、経費などのデータも一元管理することができます。
  • 分かり易いユーザーインターフェース
    感覚的に分かり易いインターフェイスで簡単に操作できます。
  • 他のシステムとの連動などカスタマイズの柔軟性
    既存の社内システムと統合したり、必要な機能を追加したりなど、カスタム開発にも柔軟に対応します。

ArchiFMのご購入はこちら

実践FMコンサルティングについてはこちら
ご希望の方には「ArchiFM日本語バージョン」
詳細説明書をお送りします。

お問い合わせ

不明点や疑問点、ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合せください。

お電話でお問い合せ 03-5652-3145

メールでお問い合わせ・資料請求

ページのトップへ戻る